マンション管理士の仕事

マンション管理士は、日本におけるマンション住居、
そしてマンションに住む人が10人に1人という時代背景により
誕生した新しい国家資格です。

 

日本のマンションの管理業務は、
90%近くが管理会社に管理業務を委託しています。

 

マンション管理士の仕事

 

・管理費や修繕積立金についての確認

 

従来は、管理会社任せであった管理費や修繕積立金が、
実際にどのように使われているのかを確認します。

 

管理運営会社が行っている出納業務、
会計業務、管理運営業務などをマンション管理しが行い、
管理組合へのアドバイザーを勤める等します。

 

また、管理会社が行う業務に対し、
管理組合に代わって確認をするなどします。

 

・騒音問題

 

・ペット問題

 

・駐車場問題

 

・建物の老朽化に関する構造上の問題

 

マンションのメンテナンスや修繕に対するアドバイスを行います。

マンション管理士は、名称独占資格

マンション管理士は、資格試験に合格した人でなければ
マンション管理士と名乗ることができない「名称独占資格」です。

 

ですが、弁護士や公認会計士のように
その資格を持っていなければ仕事ができない「業務独占資格」ではありません。

 

しかし、資格を持っていたほうが、より信頼度が高まり、
信憑性を得ることができます。

マンション管理士は、独立開業しなくても転職や就職に有利な資格

マンション管理士の資格は、独立し開業しない場合も、
転職や就職に有利です。

 

マンション管理士を必要とする企業は、
マンション管理会社だけでなく、不動産会社、金融機関などがあります。

 

これらの会社で働いている人にとっては、
キャリアアップにも有効な資格試験です。