マンション管理士の独立から開業

マンション管理士は、平成13年からスタートした
まだまだ新しい資格です。

 

ですから、独立し、開業しても
すぐに仕事が入るということは考えにくいです。

 

マンション管理士になるためには、
試験合格後、マンション管理士として
登録することが義務付けられています。

マンション管理士としての信頼を得る

独立し開業した後は、
管理組合との信頼関係を築くことが第一です。

 

分譲マンションの所有者である管理組合との信頼関係を構築することで
日常の管理業務などの相談だけでなく、
何年後かに行われる大規模修繕などの大きな業務を請け負うことが可能になります。

専門分野を持つ

マンション管理士でも、ほかの士業と同じように、
専門分野を持つことが必要です。

 

たとえば、建築のノウハウに詳しい、
マンション会計に詳しい、
法務関係に詳しい、
保険について詳しいなど、得意分野を持つことで
マンション管理士として成功していくことができるでしょう。

 

・建築

 

建築関係については、建築設備の知識は当然必要です。

 

それだけでなく、長期修繕計画、大規模修繕に関する知識も必要です。

 

・会計

 

会計関係については、最低限、長期修繕計画を策定したり、
積立金問題等の相談に応じることができる能力が必要です。

 

・法務

 

法務関係については、区分所有法、マンション管理適正化推進法などだけでなく、
建築基本法、消防法、建設業務などについて
熟知しておくことが必要です。

 

・保険

 

保険関係については、火災保険、積み立て型保険、
地震保険、個人賠償責任保険などの知識に熟知する必要があります。

 

 

とはいっても、自分自身でこれらのノウハウを持つのは大変です。

 

しかし、他の士業との共同事務所を設立するという方法もあります。

 

自分自身は専門分野を持ち、弁護士や税理士、
建築士などとパートナーになり、事務所を運営していくという人もいます。

他の資格を組み合わせる

独立し開業を目指すのであれば、
他の資格と組み合わせることもおススメです。

 

マンション管理士と関係のある資格、
「行政書士」、「司法書士」、「宅地建物取引主任者」、
「税理士」、「建築士」などの資格を併せ持つことにより、
個別の組合員からさまざまな相談を持ちかけられ、
仕事を請け負うことができるようになります。

 

これらの資格を併せ持つことは、
独立、開業後に仕事をしやすい環境を作ることができます。

マンション管理士の収入

マンション管理士の収入は、
管理組合との委託契約によって報酬が支払われます。

 

1管理組合あたりの一ヶ月の相場は5万円程度です。

 

10件の管理組合と契約をすると、
一ヶ月で50万円になります。

 

最近は、アドバイザー制度も整いつつあります。

 

たとえば、東京都では
「分譲マンション管理アドバイザー制度」
を実施しています。

 

この分譲マンション管理アドバイザー制度では、
アドバイザー1人につき、1回2時間以内で1万円の報酬規定が
設定されています。