マンション管理士の将来性

日本の住宅事情を見ると、
築30年を超えるマンションが100万棟以上に達するといわれています。

 

ですから、マンション管理士の役割やニーズは
今後急増していくと考えられます。

 

今の段階では、マンション管理士の需要に供給が追いついていません。
ですから、取得を考えるのであれば、
早めに資格を取得することがおススメです。

 

マンション管理士は、2013年にスタートしたばかりで
新しい資格です。
まだ、今の段階ではステータスも高くなく、
社会的認知度も低いです。

 

そして、将来性についても未知数です。

 

とはいっても、徐々に認知度も高くなり、
マンション管理士の役割の重要性も
多くの人に理解されるようになると考えられますし、
実際、ニーズが高い状況にあります。

 

マンション管理士も、他の士業とおなじように、
本人の才覚、努力次第で独立し、
開業して成功することができます。